ペルシャ絨毯デザインの多様性

ペルシャ絨毯が、歴史的なロングランのヒット商品になった理由としては、色々あるでしょうが、その中でもデザインのセンスや優秀性が、ひとつの理由になります。もちろん、実用品として、それらの地域のとてもマッチしていたということもあります。しかし、それだけでは、これほど長い歴史の人間の欲求に耐えられはしないとうことも事実です。その理由のひとつに、デザインがあります。基本的には、唐草文様、アラベスク文様、幾何学模様などがありますが、もう一方で、色々な地域で生産されてきましたので、それぞれの地域独特のデザインも、購入する人々を楽しませたということがあります。基本的な土台のデザインと、各地域での独特のデザインが、マッチして、それぞれの個性が魅力になり、またそれが好まれたということになります。また、絹などの生地も取り入れながら、それぞれの時代に合わせて作られたということも魅力のひとつです。

ペルシャ絨毯と生活での活かされ方

ペルシャ絨毯は、羊毛を中心素材に作られているということですから、もともとは遊牧民の敷物ということで、使われてきたものが、世界中に広まったということになります。商品としての絨毯の特徴としては、夏は涼しく使うことができ、冬も当然ながら、温かいということで、寒暖の差がなく使うことができるという優れた特徴があります。日本でも、四季があり、寒暖の差が激しいので、ペルシャ絨毯も利用しやすいということになります。一般のカーペットでさえ、その役割がありますので、歴史的にも優秀な商品としてロングランの人気を誇る絨毯ならば、日本でも、効果的に使うことができるということになります。最近は暖房器具のエアコンも、自然ではないということで、とくに、高齢者は使用しない人たちもいて、問題にもなっています。自然に優しいペルシャ絨毯の特性を生かして、日常生活を過ごしてみるのも良いかもしれません。

ペルシャ絨毯の素材の羊毛とシルク

ペルシャ絨毯ということでは、日本との歴史的なかかわりとしては、シルクロードがあります。日本からはるか遠くのペルシャの地は、古代では異世界のような存在だったのでしょう。そして、ペルシャなどの地域からの文物はシルクロードを通って、中国に入り、日本まで運ばれたということになります。それらの歴史もロマンですが、シルクロードのシルクである、絹も素材として使われだしました。絹は、高級は素材として、もてはやされて、絨毯などにも使われましたが、羊毛ほどは、実際の日常生活での敷物には向いていなかったようです。あくまで、美しさということでの芸術性を高める利用の仕方でした。絹は長持ちがしないということや高価なこと、また耐久性もあまりないということや、時間が経つと価値が低くなるということもあり、やはり、羊毛の商品が実用性では優れていたということのようです。また綿も使われていました。ですので絹は装飾用としての壁掛けなどで利用されました。